トイレに行きたくなって熟睡することができません

昼間眠くてつらい

40歳になってから、夜中に尿意をもよおしてトイレに頻繁に行くことが多くなってました。

 

40歳になるまでは、朝までゆっくり寝ることができていたのですが不思議です。

 

トイレで起きてしまう原因として考えられることは、膀胱の作用が加齢とともに強くなっていることが考えられます

 

若いときは膀胱の作用がそれほど強くなかったように感じます。

 

夜中にトイレで起きてしまうことの問題点として、頻繁に起きるために、次の日が眠くて仕方ありません

 

仕事に対して集中力をかくことが多々あります。

 

予防や改善のために実施していることは、寝る前に水分を多めにとらないなどの措置をとっていますが、冬場は乾燥するためについつい水を多めにとってしまいます。

 

対策に良いもので食べ物や飲みもの、運動などが考えられますが、特にこれといった改善策は見つからないままです。

 

最初は晩酌で飲むアルコール飲料が良くないと思い、晩酌を控えていたのですが、控えていてもあまり改善は見受けられませんでした。

 

今のところ、対応策として、尿意が来ても睡魔を利用してそのまま朝を迎えて、朝一番に用を足すといったことで乗り切っています

 

漢方などあればよいと思い、探している最中です。


中高年の男性によくあるトイレの悩みを持つ方に!

シーシーモレン