夜中に何度もトイレに起きてしまいます。

コーヒーが好きな人はそれが原因かも

元々トイレは近い方で自分でも頻尿かな?と感じていましたが、就寝してから起きるまで尿意をかんじることはありませんでした。

 

しかし50歳を過ぎてからの冬場は二時間おきくらいに尿意で目が覚めてしまうことが多くなりました。

 

最初のうちはお酒の飲みすぎかと思っていたのですが、飲まない日も起きるようになりました。

 

年齢も50歳を過ぎたしこんなものだろうと思っていましたが最近目にした記事に愕然としました。

 

高齢者が夜中に何度もトイレにいくのは危険だと書かれてありました。

 

確かに歳をとってから夜中にトイレにいくのは暗くて転んだりして危ないと思い、何とかしようと思い色々試してみました。

 

お酒はあまり飲まないので、まずは完全に禁酒をしました。

 

その他はコーヒーをひかえるようにしました、自分自身はお酒よりコーヒーが好きで帰宅してから寝るまでの間に4杯は飲んでいて、本当に寝る寸前までコーヒーを飲んでいました。

 

そのコーヒーが利尿作用があると聞いたのでそのコーヒーも帰宅後は1杯でやめるようにしました。

 

そして寝る時には湯たんぽを準備して体を温めて寝るようにしました。

 

その結果は、かなり改善されてきました

 

ただやはりコーヒーの量が多いときは目が覚めてしまいます。

 

とにかく寝る前にあまり水分はとらず体を温めて寝るようにすれば大丈夫です。


中高年の男性によくあるトイレの悩みを持つ方に!

シーシーモレン